世界の手仕事いろいろ

世界中どの国にも、その土地の風土の中で紡がれ、伝えられてきた手芸があります。海のむこうで受け継がれてきた手仕事をあなたもはじめてみませんか。憧れの国、知らなかった場所が少し近くに感じられるかもしれません。


トルコの伝統レース

トルコの女性たちは宗教や慣習から肌や髪をスカーフなどで覆います。そのスカーフの縁を美しく彩る飾りを「オヤ」といいます。
1本の縫い針と糸で結び目を作り、花などのモチーフを創り出す繊細で美しい刺繍。布の縁飾りだけでなくアクセサリーに応用してもとっても可愛いらしいです。


アジアの「包む」という文化

小さな布たちを手をかけ繋ぎ合わせることで一枚の布に仕立てる韓国のパッチワーク「ポジャギ」。
ひと針づつ丁寧に、他人への思いやりを込めて作ったポジャギでものを包むのは、福を包み込み、福を招くとされています。


ハワイアンブリーズを感じながら

ハワイでは昔から大切な人へのお祝いや別れのとき、生花や植物、シェルなどで作ったレイ(首飾り)を贈ります。今でもハワイの人々にとって欠かせないレイをきれいなリボンを使って作るハワイアンリボンレイ。
そしてイギリスの宣教師から伝えられたパッチワークが、ハワイの風土の中で独特のデザインに発展したハワイアンキルトは、南国の動植物をモチーフに色鮮やかでシンメトリーなデザインが美しい手芸です。南国の風とゆるやかな時間をを感じながら針をすすめてみませんか。


プロヴァンスの白い布の彫刻

すべてが「白」というこの上なくシンプルな色のなかに生まれる陰影の美しさ…。
重ねた白い布にステッチを施し糸を詰めて模様を浮かび上がらせる技法で作られる「ブティ」は南フランス・プロヴァンス地方発祥の手芸。白い布の彫刻ともいわれています。

{ 自由が丘校 Instagram }