刺繍講座 第1弾

「刺繍」は、世界中のその土地土地に根付いた種類が無数にあります。使用する材料も様々です。いくつかの技法を組み合わせたり、新しい技法を生み出したりして、日々変化しています。今回は第1弾。5つの講座をご紹介いたします。


「こどもの日」は楽しいぞ! 「モラと刺しゅう」

パナマの民族手芸「モラ」はカラフルな色彩とダイナミックな構図とテクニックで自然や動物を描き、多くの人々に愛されています。何枚も重ねた布から、切り取る枚数によって現れる色が異なります。講座では、世界の刺繍を現代に生かし、ファッションやインテリアなど生活に結びついた作品を制作します。


「日本刺繍」ってモダーン。

日本刺繍は、飛鳥時代の繍帳も残存している伝統的な刺繍です。点から線・面の刺し方といった基礎を学んだ後、図案作りから糸撚り、刺し方を習得。服飾品から室内装飾品まで、立派に刺し上げられるようにします。様々な技法と無数の色を組み合わせて、絵を描くように美しい作品を生み出します。


「世界の刺繍(12種類)」 毎回、新しい技法をマスター!

クロスステッチに始まり、こぎん刺しやハーダンガー刺繍、ミラーワークやホワイトワークなど、毎回新しい技法を楽しく学びます。色合わせの勉強も兼ねてお好きな色で刺して頂きますので、それぞれの個性に合った作品が作れます。今、スウェーデン刺繍でポーチを作成中。刺繍はまだ半分です。あと半分刺してポーチに仕立てます。出来上がるのがと~~っても楽しみ!!


触って解る立体感! 「スタンプワーク刺繍」

ふっくらと立体的な刺繍スタンプワークは、17世紀に英国で流行した手法の1つです。ニードルレースの技法を基本に、フエルトやワイヤー等を用いて立体的なモチーフに仕上げます。ビーズやスパンコールなども使っておしゃれ可愛い作品を作りましょう!


「ビーズ刺繍とちょこっとクラフト」 ちょこっとでオシャレに!

ビーズやスパンコールを使ったビーズ刺繍をメインに、素敵な生地、レース、リボン、ボタンを使って、貼ったり付けたり簡単に出来るクラフトを取り入れ、楽しく作品をつくります。大人可愛いデザインのステキなグッズは、気分をウキウキさせてくれます。

{ 大阪校 Instagram }