春です! いけばな・生け花・華道!!

カルチャーには必ずある「いけばな」講座。約500年の歴史を持つ、日本発祥の伝統芸能の1つです。現在では、国際的にも広がりをみせています。花材や花器によって、立華・生花・盛花・瓶花・現代花など多彩な生け方があり、流派ごとの特徴があります。お稽古の見本花を見ていると、きっちり流儀で活けなくても、切り花を2,3本飾れるようなゆったりと余裕のある生活を送りたいな、と思います。学園で各流派を取り揃えており、一日体験も出来ますよ。


池坊

池坊は500余年に及ぶ時代の変遷と共に、多くの人々によって暮らしの中で多様な伝統美を育んできました。あなたがこの伝統美に触れるひとときを持てば、先人が育んできた心豊かな人生の糧を養うことが出来るでしょう。「花」を生ける行為を通して明日への活力を養ってみませんか。「立華」のお稽古もできます。


小原流

小原流には、自然や季節を感じながらいける伝統的な表現と、自由な発想で花の色や形を生活空間にマッチさせる楽しい現代的な表現があります。花のある生活空間はとても心地よいものです。日本の伝統文化にふれ、いけばなの技術は元より花を飾るよろこび、楽しさを味わってください。


草月流

草月流は近代感覚あふれる創造性豊かな流派で「何でも・どこでも・誰にでもいけられる」がモットーです。創る喜びを基本精神に、基礎を身につけた後は応用力を養い、創造力を磨いていきます。


未生流
未生流中山文甫会

●未生流
未生流は、江戸後期文化年間に流祖・未生斎一甫が創流したいけばなの流派です。伝統美あふれる格花、現代美をあらわす新花を教えていきます。くらしの中に四季の花々を。玄関、テーブルに飾るお花を個性豊かに楽しく挿けていただきます。
●未生流中山文甫会
未生流中山文甫会は化政年間に創り出された伝統のいけ花で、それを通して日本の心を学びます。また花の型だけを教えるのではなく、素材としての花をよく見ることで観察力を養い、植物への愛を大切に、創造する力を養い、生涯の目的としてのいけ花と出逢ってほしいと考えています。花と植物とのふれあい、人間の心の豊かさと愛をうけつたえていきます。


桑原専慶流
茶花

●桑原専慶流
野に咲く花のあるがままの美しさを器にうつしとりたいという気持ちから桑原専慶流のいけばなが生まれました。300年の歴史の中で、理知的な気風に品格がそなわり、花の姿を優雅に表現します。
●茶花
茶席の花は、茶の湯のもつ亭主の心の表現です。 季節の花を入れ、花本来のありようを大事にする。床の間に一輪の花に寄せる。掛物と花入、諸道具等の取合せに茶の湯の深さを学びます。

{ 大阪校 Instagram }