講座詳細

大伴家持 (狩野探幽『三十六歌仙額』)

新百合ヶ丘校 

1月期

 

『万葉集』を読む

体験可
受講日
第4 月曜日 13:30~15:00
受講料
受講料7,200円+税
施設維持費750円+税
※3回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
國學院大學博士(文学)
横浜国立大学講師
武蔵野大学講師
伊藤 高雄

『万葉集』は日本最古のアンソロジー(詩歌集)です。天皇・皇族から東国の民衆に至る、さまざまな階層の人々の歌が収められています。この講座では、豊かな万葉の古代の息吹を求めて、時に民俗学的な談話を交えつつ、じっくりと読んでいきたいと思います。

7月のテーマ 『高市黒人の歌その他(同、二七八~二八一)』
8月のテーマ 『春日老と高市黒人の歌その他(同、二八二~二八六)』
9月のテーマ 『石上卿・間人大浦の歌その他(同、二八七~二九一)』

ご受講にあたって

随時ご入会いただけます
<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具

日程/カリキュラム

2019/01/28 2019/02/25 2019/03/25

体験のご案内


体験受講料 2,400円+税

講師紹介

  • 國學院大學博士(文学)
    横浜国立大学講師
    武蔵野大学講師
    伊藤 高雄(イトウ タカオ)

    國學院大學大学院博士課程後期満期退学。國學院大學栃木短期大學・武蔵野女子大学・横浜国立大学・國學院大學で講師を務める。専門は日本古代文学・伝承文学・民俗学。『万葉集を知る事典』(東京堂出版、共著)ほか著書・論文多数。ことわざ研究会会員。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください