講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

新百合ヶ丘校 1回完結講座

4月期

ちょっとしたコツで書くことが楽しくなる

【6/20体験会】現役エッセイストの上手くなる文章講座

受講日
2020-06-20 土曜日 13:00~15:00
受講料
受講料2,800円+税
講師
エッセイスト
詩人(潮流詩派)
佐々木 桂

文章を書くということをあまり難しく考えず、楽しみながら文章が上手くなる講座です。文章は個性ですので、どれが間違っているとか、どれが上手とか下手とかはありません。ただ、ちょっとだけ、読む人が読みやすいように、また自分の意図が誤って伝わらないようにする言葉選びのコツ、また難しく考えがちなテーマ選びのアドバイスをさせて頂きたいと思っています。また、現役で文章を書いている身として、その世界でのエピソードも毎回何かしらお話しできるかと思います。そういう意味でも、堅苦しい勉強的な講座ではなく、楽しみながら表現していく空間を皆さんと共有できればと思います。

ご受講にあたって

体験会では、オリエンテーションと基礎的な文章の書き方についての内容になります。
次回からは、お持ちの方はエッセイや詩などご自身で書いた文章をメールで講師へご提出下さい。

※人数が少ない場合には短縮授業になります。
<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具

日程/カリキュラム

2020/06/20

講師紹介

  • エッセイスト
    詩人(潮流詩派)
    佐々木 桂(ササキ カツラ)

    県立横手高等学校を経て成蹊大学へ。卒業後、フロム・エー編集部にてカラー編集ページを担当。‘88年にライターとして独立。雑誌・単行本の執筆・編集及びパブリシティ、パンフレット等の製作に携わると同時にライタープロダクションの代表を勤める。雑誌の創刊にも数多く関わり、リクルートのじゃらん、ガテン、ゼクシィはもとより、角川書店の東京ウォーカー、祥伝社Boon等の創刊にも立ち会う。『監督たけし』『営業マンの休憩マニュアル』『現実逃避マニュアル』『会えるかもしれない』『キューケイくん』『缶詰パラダイス』『東成瀬村岩井川字村中25』(詩集)等、著書・編著多数。朝日新聞にてエッセイ「サボリスト入門」を連載。現在は、週刊朝日にて「美し国、旨し米」、秋田魁新聞にての「遠い風近い風」等のエッセイを連載中。他に、WEBでも「エプソン」「NTTコミュニケーションズ」で、コラム&エッセイを連載。最近では、JTBのWEB「トルノス」にてエッセイ「妄想トラベラー・佐々木桂の妄想トラベル」の連載開始。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください