講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

新百合ヶ丘校 

新設講座

王朝のみやびを楽しむ

雅楽 笙を奏でる

体験可
見学可
(20分)
受講日
第2.4 水曜日 10:30~12:00
受講料
受講料15,600円+税
施設維持費1,200円+税
 (標準)2回/月 3ヵ月
講師
笙奏者 大塚 惇平

雅楽の楽器である笙、別名「鳳笙」は、古代の中国で生まれ、1300年前に日本に伝来して以来、
ほぼ当時の形のまま伝承されてきました。
その音色は、鳳凰の鳴き声、天から差し込む光とも言われています。
神社などで耳にする音色ですが、初めてでも、その雅やかな響きをお楽しみいただけます。
笙の構造から、扱い方、演奏の基本となる唱歌の歌い方、奏法を丁寧に指導します。
雅楽の歴史や笙についてのお話もお伝えいたします。

ご受講にあたって

平安時代の貴族たちが楽しんだ王朝の響きをお楽しみいただける数少ない講座です。
レンタルの楽器もございますので気軽に始めることができます。
<ご購入いただくもの・お持ち物>
笙、筆記用具
楽器はレンタルも可能です。(1回540円)*持ち帰りレンタルをご希望の方は、ご相談ください。
*ご希望の方には、テキストの販売も行います。(1,000~2,000円)

日程/カリキュラム

2017/04/12  2017/04/26  2017/05/10  2017/05/24  2017/06/14  2017/06/28  2017/07/12  2017/07/26  2017/08/09  2017/08/23  2017/09/13  2017/09/27

    笙の奏法の基礎である唱歌から、合竹、手移り、気替えなど、生徒さんのレベルに合わせて丁寧に指導いたします。
    ・笙について/笙の歴史、構造、楽器の取り扱いについて
    ・唱歌/唱歌の歌い方
    ・合竹/笙独特の和音「合竹」について
    ・手移り・気替え/手移り、気替えなどの笙の奏法について

体験のご案内

楽器レンタルをご希望の場合は、事前にご予約ください。1回 540円(税込)
体験受講料 2,600円+税

講師紹介

  • 笙奏者 大塚 惇平(オオツカジュンペイ)

    早稲田大学第一文学部卒業後、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業。笙、琵琶、右舞、歌物を専攻。
    現在、笙、右舞、歌物を豊英秋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)に師事。雅楽古典の演奏・研究をベースにしつつ、現代音楽や即興演奏、他ジャンルとの交流を積極的に行う。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください